2015年12月28日

全国鳥類繁殖分布調査

全国鳥類繁殖分布調査

−調査員に応募しよう−


 「日本の鳥の今を描こう」とのキャッチフレーズのもと、野鳥の会などのNGO、
環境省、研究者などの共同で2016〜2020年に実施される全国調査ですが、調査
員(ボランティア)が不足し、現在募集が続けられています。
 全国約2300か所に約3kmの調査ルートを設定し、ラインセンサスと定点セン
サスによって生息する野鳥の種と数をカウントするという調査です。同じ調査が
1970年代と1990年代に実施済みで、今回は第3回目となります。
 調査員には一定程度の野鳥識別力と山道などを歩く体力が必要ですが、補助員
も募集されていて、こちらは初心者でも大丈夫です。
 参加はネット申し込み方式です。興味のある方はぜひ、ネットで「全国鳥類繁
殖分布調査」を検索し、申し込んでいただきたいと思います。また、パソコンを
使われない方(補助者希望者)は福本幸夫、日比野政彦までお問い合わせくださ
い。問い合わせ携帯番号は「森の新聞」の「探鳥会のご案内」欄などをご参考に。
posted by エナガ at 20:58| Comment(0) | 調査関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館だより 2015/12/29

図書館だより

【寄贈本】

「米子水鳥公園の生態系と野鳥図鑑」中海水鳥国際交流基金財団監修・寄贈

A5判231頁執筆(桐原・米田・神谷)撮影(平野・桐原・美舩)今井印刷発行
2015年10月で開園20周年!!!私たちも冬の探鳥会で、何度もご指導いただき感謝です。
○野鳥図鑑―水鳥公園で観察された217種の野鳥を写真付きでエピソードを添えた解説。
○特集―水鳥公園に隣接する汽水湖・中海と、飛来する渡り鳥のナゾにせまる学術ページ。
○コラムー水鳥公園にまつわる35話を収録。
○マップー野鳥と園内外の撮影ポイント。

故市川昭二氏寄贈本

 日本野鳥の会の広島県東部の先覚者である市川昭二さんが、2015年7月に
八八歳で永眠されました。バードウオッチング歴は、約50年に及ぶそうです。
 市川さんといえば、「オジロワシに飛び掛るネコ」
1985年12月に笠岡干拓地で撮影翌86年5月『野鳥』誌に搭載(その後、一般
の全国紙にも)の写真で有名です。
 以来、誰もが認める「笠岡湾の主」で、岡山県西部・広島県東部の沿岸から、
島根県境にいたる山岳地まで、愛車で攻めまくって、どんな奥地でもとても
よく知っておられました。謹んでご冥福をお祈りいたします。(この項、
三好氏)→この傑作は回覧板欄に再掲しています。(福本)
ご寄贈本124冊の一部を紹介させていただきます。

「コリンズ世界の海鳥図典」G.Sタック著秀文インターナショナル発行1978年
「オーデュボンソサイエティブック水鳥」レス・ライン著旺文社発行1988年
「SHOREBIRDS」P.HaymanJ.Marchant T.Prater著CROOMHELM発行1986年
「Birds of Britain& Europe」DennisAvon & Tony Tilford著BLANDFORD発行1989年
「ハムリン野鳥図典」Bertel Bruun著秀文インターナショナル発行1970年
「鳥に会う旅」叶内拓哉著世界文化社発行1991年
「渡り鳥の体内時計」広田耕司著日経サイエンス社発行1988年
「鳥のいる風景」嶋田忠著平凡社発行1997年
「闇のカムイシマフクロウ」嶋田忠著平凡社発行1997年
「白鳥の旅シベリアから日本へ」長谷川博著東京新聞出版局発行1988年
「北海道野鳥歳時記」藤巻裕蔵・百武充著日本放送協会1979年
「北の野生」富士元壽彦らいらっく書房発行1984年
「北の鷲」畑正憲著角川書店発行1980年
「自然に生きる-東北の野鳥-」小笠原高著第一法規出版発行1981年
「鴨池の鳥たち」宮誠而著能登印刷発行1986年
「富士の鳥」浅見明博・堀田明・中村司著保育社発行1985年
「鳥たちの歌が聞こえる岡山の野鳥と自然」岡山県発行1991年
「四国の野鳥」橋井昭六著高知新聞社発行1995年

野鳥図書館(日本野鳥の会広島県支部)の蔵書報告

            図書館部(2015年12月末現在)

その1収蔵数の増加状況

 (1)1986年9月 篤志家の多額の匿名寄付により、南区東雲本町に支部
  事務所を兼ねて設立。
   寄贈本715冊(47%) 購入本814冊(53%)   計1529冊
 (2)1987年〜2000年 追加
   寄贈本1091冊(84%) 購入本204冊(16%)  計1295冊
 (3)2001年〜2015年追加
   寄贈本712冊(74%)  購入本249冊(26%)  計961冊
 現在の蔵書  寄贈本2518冊(67%) 購入本1267冊(33%) 計3785冊
  (3785冊のうち洋書170冊、VTR・DVD・CD128件)
  雑誌類(野鳥誌・BIRDERなど15)、支部報(ほぼ50支部から)
寄贈元   発足当初からの高野伸二・高野ツヤ子・上田恵介様はじめ日本野鳥
     の会等法人20、個人45深く感謝申上げます。
管理方法  蔵書は、原簿、カード、パソコンのデーターベースさらにCDに保存、開架
     式書棚。また当支部ホームページでも公開、野鳥誌と森の新聞(広島県
     支部報)は、製本して永久保存。各地からの支部報はそれぞれ専用
     のファイルで5年間程度保存。
図書館部員 現在6名。発足当初から現在まで23名在籍。最長期の部員は26年、
      短期で2年。月4〜3回、各回3時間程度作業

その2 市川昭二氏の遺品収蔵

 2015年10月下旬、古くからの会員市川昭二氏の遺品の蔵書について、遺族
から寄贈の申出があった。当野鳥図書館に未収蔵の本が多数あり。
 現在、当図書館は収蔵数の限界に迫っているところから、ご寄贈本を頂戴す
べく検討の結果、当館の蔵書を野鳥全般と広島県の自然保護関係の図書館と
位置付け、11月中旬から関係のない書籍を整理中。
 故人からの寄贈本124冊、整理(廃棄)予定の本600冊以上。
 したがって差し引き、当野鳥図書館の蔵書=約3,300冊(2015年12月末現在)

 整理した本約600冊は、2016年1月23日(土)、支部総会前後の各30分間、会場
で希望の方に配布いたします。
 なお、整理した本の残り(失礼な表現ですみません)は三原市生涯学習施設「さざ
なみ学校=旧久和喜小学校」が、引受けてくださり、新しい利用方法で甦ることに。
感謝!!
posted by エナガ at 20:30| Comment(0) | 図書館だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016ガンカモ調査

2016 広島県・ガン・カモ・ハクチョウ類一斉調査


環境省〜広島県の調査に野鳥の会広島県支部が協力する、
「2016ガン・カモ・ハクチョウ類一斉調査」を行います。
 
・調査期間:2016年(H28年)1月3日(日)〜17日(日)の15日間
・調査箇所:2012,2013,2014,2015年に調査した調査箇所(継続調査)
・対象種:ガン・カモ・ハクチョウ類
     カワウ、カイツブリ類、ヘラサギ類、ズグロカモメを含む
・調査結果返送締切日:平成28年1月末日(厳守でお願いします。)

<お願い>
@新たに調査に協力いただける方は(補助含む)下の連絡先まで
お申し出ください。
Aメール(調査員ML)で調査資料等の依頼・報告が今年度から出
来るようになりました。
メールでの連絡が出来ない方や、申し出のあった方には従来通り
郵送で調査資料をお送りします。
B天候や調査地の状況によって調査が不可能になることも考えら
れます。無理のない範囲で調査をお願いします。なお、調査が不
可能となった際も調査結果返送締切日までに必ず連絡をお願いします。
C継続調査地以外に、ガンカモの新たな県内の生息地を調査された際
も報告をお願いします。

連絡先:〒733-0011 広島市西区横川3−9−3小田ビル
    野鳥の会広島県支部事務所(ガンカモ調査)係
 電話ファックス 082-233-7304(留守録)
 ガンカモ担当  日比野 hibino★ms5.megaegg.ne.jp 
                   (★は@に変換してください)

posted by エナガ at 20:22| Comment(0) | 調査関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年(支部発足35周年記念)支部総会最終案内

2016年(支部発足35周年記念)支部総会最終案内


日時2016年1月23日(土)13:00〜17:00
場所広島市中央公民館(4階)ホール(広島市中区西白島町)

■2016年度の日本野鳥の会広島県支部「総会」および「野鳥写真家叶内
拓哉先生講演会」と「懇親会」を下記の要領で開催します。年に一度の、
支部の重要な事項を議決する会であり、会員間の親睦を深めるチャンスでも
あります。多数のご参加を希望します。
なお、今回の講演会以降のプログラムは、一般公開で実施します。
■叶内拓哉先生講演会および八幡川探鳥会撮影指導に関わる経費のすべては
光学機器の興和株式会社様の提供です。深く感謝申し上げます。
■定例の野鳥関連グッズのオークションは時間の関係で今年は実施しませんが、
この稿の最後に書いてあるような種々の関連プログラムを、総会前後の時間
帯で並行実施します。是非、多くの会員の皆さまにご出席いただきますよう、
ご案内いたします。

プログラム
1月23日(土)

(1)総 会(会員および家族のみ)13:00〜13:45

@ 議長選任
A 支部長挨拶
B 平成27年度事業報告、決算報告、会計監査報告
C 平成28年度事業計画案、予算案の審議と、新任期役員紹介
Dその他
※議案書は当日配布いたします。
※議事提案がありましたら、事前に支部長までお申し出ください。
−興和株式会社後援−

(2)講演会 講師 叶内拓哉 先生 (一般公開)13:45〜15:15)

  演題 マナーを守って楽しく撮影

(3)懇親会(全員)15:30〜17:00
講演会の後は会場をセットし直して、飲み物と軽食の懇親会を開催します。
野鳥話で盛り上がりましょう!
飲食物の差し入れ、大歓迎!当日会場にご持参ください。
■懇親会を盛り上げるお菓子や軽食、飲み物等の差し入れもお願いします。
(支部でも準備しております)
■懇親会終了後は、別会場で普通の「新年会」当日会場で参加者を募ります。
=4000円程度

1月24日(日)

−興和株式会社後援−
撮影講習会(八幡川探鳥会)9:30〜12:00

  会場八幡川河口(広島市佐伯区)
  みずとりの浜公園東端ベンチ周辺に集合
  叶内先生による撮影実地指導があります。詳しい事は
「探鳥会のご案内」をご覧ください。

  関連プログラム

1月23日(土)総会〜懇親会で並行開催


その1 特別余興 興和株式会社提供双
    眼鏡・スコープ全製品の割引権(2件)(懇親会)
(*競り落とした権利は、コーワ化学製品の購入時の割引に使えます。
 割引率については、当日のお楽しみです!!!)

その2 恒例 興和株式会社双眼鏡・スコープ展示即売(12時30分〜17時30分)
その3 恒例 不要本(野鳥、自然関係)の無料配布(12時30分〜17時30分:図書館部)
その4 今回限定 故市川昭二さん遺品(カメラ類)入札方式即売(12時30分〜17時30分)
    主にフィルム式カメラです。
その5今回限定私の自慢写真展示&叶内先生講評(12時30分〜17時30分)
   各自、自慢の野鳥写真プリントを持参し、会場に用意したパネルに自由に
  張ってください。懇親会中に叶内先生に講評、アドバイスして頂けます。
   持参プリントのサイズは自由ですが、集まった総枚数により各自の展示枚数
  を制限することがあります。写真はセロテープ止めにします。






posted by エナガ at 20:11| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

野鳥情報カードを出してください

野鳥情報カードを出してください。
(カードを森の新聞に同封します。)

 「森の新聞」前号でも予告したとおり、野鳥情報カードおよび記入、送付方法
を同封しました。カードは2種類あります。コピーしてお使いください。提出
先は、郵送またはファックスにて支部事務所にお願いいたします。もちろん、
野鳥図書館開館時に持参いただくとか、郵便受けに入れていただいても結構です。
 希少種はもちろん、スズメ、ヒヨドリなど普通種の記録が意外に少なく重要です。
ぜひ気軽に情報カードの提出をお願いいたします。

 パソコンをお使いの方はメールでの情報提供がありがたいです。
支部HPの「野鳥情報」に精しく説明があります。データ整理のうえからも、こち
らが担当者の労力を大きく削減できて助かります。
posted by エナガ at 16:57| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年(支部発足35周年)支部総会1月23日(土)

2016年(支部発足35周年)支部総会
2016年1月23日(土)
13:00〜17:00(広島市中央公民館予定)

最終案内は12月下旬発行の「森の新聞」次号(202号)で総合的に
精しく掲載します。
posted by エナガ at 16:54| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

野鳥情報カードを出してください

 過去の「森の新聞」観察記事「福山市でカラアカハラを観察」に関して
古参会員のSさんから編集担当及び著者に対して次のようなメールがあり
ました。「実はあの記事以前のカラアカハラの観察記録を持っていますが,
情報カードの提出を怠っていました。深く反省するとともに改めてカード
を提出します」
 皆さんも,お手元の観察記録は希少種,普通種に関わらず(普通種の
記録も重要です)眠らせることなく,情報カードに転記して支部までお
寄せください。古い記録大歓迎です。
 カード提出には,手書きカードの郵送(または開所時に事務所持参)
と,メール添付による方法があります。ホームページでご確認ください。
また,「森の新聞」今号(2015年9月10月)には間に合いませんが,次号
以降に再々度野鳥情報カード提出案内,カード書式を同封する予定です。
posted by エナガ at 20:49| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室内例会 好評?につき続けます

 7月から再開した室内例会。エクセル基礎講座4名,講和(ツバメ
が巣を作ると家は栄える?=パワーポイント映像使用)3名の参加
があり,まずまずの?スタートでした。
 今月も月一ペースで続けます。興味あるかたは,お気軽に覗いて
みてください。
 予約不要,遅刻早退自由です。9月,10月は「パソコンなんでも
入門講座」です。「森の新聞」探鳥会案内欄をご覧ください。
posted by エナガ at 20:27| Comment(0) | 室内例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

支部事務所(図書館)の野鳥写真追加しました 引き続き大募集中

 井町さんに続き,岡崎さんからもしばらしい作品を応募していただき,
展示しています。岡崎さんからはプリント以外にも多くの驚嘆すべき傑
作をデータでいただいているので,順次支部報201号表紙やホーム
ページでも公開させていただく予定です。どうかお楽しみに!!!
引き続き多くの方の応募を期待しています。

応募要領
1.プリント後の作品を事務所宛郵送
2.プリントサイズはおおむねA4以下
3.応募作品は「森の新聞」にも掲載されることもあることを了解
 してください。(森の新聞PDF版はカラー写真できれいです)

 不明な点は,仲山までお問い合わせください。
 ityouya☆gmail.com   (☆はに変換してください)
posted by エナガ at 20:18| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

PDF配信会員に新規大特典 ☆支部報が1週間早く読めます☆ しつこく大募集(^^+

 支部報「森の新聞」を郵送ではなくて,電子メールの添付文書として
配信する「PDF配信会員」申込みは大キャンペーン?の効果か,おかげ
さまで6月以降7人の増加となりました。
 そこで,いっそうの増加を図るため,これまでは支部報発想の翌日
(一般会員の宅配される直前)に配信していたものを,印刷所入稿の
翌日に配信することを決定しました。
 郵送よりも1週間以上早く読めることになります。パソコンでメール
をされている方は,ぜひぜひPDF会員に申し込んでください。
 手続きは実に簡単で,編集担当の福本(fukuyuki2☆hb.tp1.jp)
または発送担当の中山(ityouya☆gmail.com)まで連絡いただければOKです。
 (☆は@に変換してください)
posted by エナガ at 20:57| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする