2016年05月01日

2016年中四国ブロック交流会高知のお誘い

第19回日本野鳥の会中四国ブロック交流会が高知県で開かれます。
今回も一人ではなかなか出向くことがない場所での開催です。
自然エネルギー活用に関心がある方、中四国の探鳥地に関心が有り
各県の会員と交流を図りたい方にお薦めです。
支部で申込みをしますので、5月8日(日)までに支部担当まで連絡を
お願いします。 支部担当 日比野
メール:hibino@ms5.megaegg.ne.jp

以下高知支部からの情報です。
日 時 5月28日(土)〜29(日)
場 所 津野町芳生野 高原ふれあいの家「天狗荘」
〒785-0504 高知県高岡郡津野町芳生野乙4921-22 TEL0889-62-3188
集 合 5月28日(土)14:00(受付は、13:30から)
参加費 10,000円(1泊2食付)

【日 程】
5月28日(土)
14:00 開会
14:10 「風力発電及び太陽光発電に関する情報交換会」
   各支部からの近況及び現状報告(各支部5〜10分程度)
   本部自然保護室・浦氏による国内外の現状報告
16:10 支部代表者会議
17:30 懇親会 2次会で高知支部恒例のたこ焼き登場か

29日(日)
04:00 探鳥会(10分ほど歩いて大規模林道に移動)
07:00 朝食、 08:30 記念撮影、解散
(解散後の観察ポイントは、資料配布あり)
※1 標高が1400mほどあります。平地とは8℃ほどの気温差があり、
夜間早朝は冷え込みますので、防寒着等の準備必要。
※2 日の出前に歩いて移動しますので、ヘッドランプ、ハンディラ
イト等を持参のこと
posted by エナガ at 18:25| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

中四国ブロック会 〜2016年度第1報〜

 今年度は5月28〜29日に高知県担当で「天狗高原」を会場に開催
されることが決まりました。詳細は未定です。通知があり次第,ML
および次号でお知らせする予定です。参加希望の方は5月28〜29日
を空けておいてください。
posted by エナガ at 14:58| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

2016年(支部発足35周年記念)支部総会最終案内

2016年(支部発足35周年記念)支部総会最終案内


日時2016年1月23日(土)13:00〜17:00
場所広島市中央公民館(4階)ホール(広島市中区西白島町)

■2016年度の日本野鳥の会広島県支部「総会」および「野鳥写真家叶内
拓哉先生講演会」と「懇親会」を下記の要領で開催します。年に一度の、
支部の重要な事項を議決する会であり、会員間の親睦を深めるチャンスでも
あります。多数のご参加を希望します。
なお、今回の講演会以降のプログラムは、一般公開で実施します。
■叶内拓哉先生講演会および八幡川探鳥会撮影指導に関わる経費のすべては
光学機器の興和株式会社様の提供です。深く感謝申し上げます。
■定例の野鳥関連グッズのオークションは時間の関係で今年は実施しませんが、
この稿の最後に書いてあるような種々の関連プログラムを、総会前後の時間
帯で並行実施します。是非、多くの会員の皆さまにご出席いただきますよう、
ご案内いたします。

プログラム
1月23日(土)

(1)総 会(会員および家族のみ)13:00〜13:45

@ 議長選任
A 支部長挨拶
B 平成27年度事業報告、決算報告、会計監査報告
C 平成28年度事業計画案、予算案の審議と、新任期役員紹介
Dその他
※議案書は当日配布いたします。
※議事提案がありましたら、事前に支部長までお申し出ください。
−興和株式会社後援−

(2)講演会 講師 叶内拓哉 先生 (一般公開)13:45〜15:15)

  演題 マナーを守って楽しく撮影

(3)懇親会(全員)15:30〜17:00
講演会の後は会場をセットし直して、飲み物と軽食の懇親会を開催します。
野鳥話で盛り上がりましょう!
飲食物の差し入れ、大歓迎!当日会場にご持参ください。
■懇親会を盛り上げるお菓子や軽食、飲み物等の差し入れもお願いします。
(支部でも準備しております)
■懇親会終了後は、別会場で普通の「新年会」当日会場で参加者を募ります。
=4000円程度

1月24日(日)

−興和株式会社後援−
撮影講習会(八幡川探鳥会)9:30〜12:00

  会場八幡川河口(広島市佐伯区)
  みずとりの浜公園東端ベンチ周辺に集合
  叶内先生による撮影実地指導があります。詳しい事は
「探鳥会のご案内」をご覧ください。

  関連プログラム

1月23日(土)総会〜懇親会で並行開催


その1 特別余興 興和株式会社提供双
    眼鏡・スコープ全製品の割引権(2件)(懇親会)
(*競り落とした権利は、コーワ化学製品の購入時の割引に使えます。
 割引率については、当日のお楽しみです!!!)

その2 恒例 興和株式会社双眼鏡・スコープ展示即売(12時30分〜17時30分)
その3 恒例 不要本(野鳥、自然関係)の無料配布(12時30分〜17時30分:図書館部)
その4 今回限定 故市川昭二さん遺品(カメラ類)入札方式即売(12時30分〜17時30分)
    主にフィルム式カメラです。
その5今回限定私の自慢写真展示&叶内先生講評(12時30分〜17時30分)
   各自、自慢の野鳥写真プリントを持参し、会場に用意したパネルに自由に
  張ってください。懇親会中に叶内先生に講評、アドバイスして頂けます。
   持参プリントのサイズは自由ですが、集まった総枚数により各自の展示枚数
  を制限することがあります。写真はセロテープ止めにします。






posted by エナガ at 20:11| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

野鳥情報カードを出してください

野鳥情報カードを出してください。
(カードを森の新聞に同封します。)

 「森の新聞」前号でも予告したとおり、野鳥情報カードおよび記入、送付方法
を同封しました。カードは2種類あります。コピーしてお使いください。提出
先は、郵送またはファックスにて支部事務所にお願いいたします。もちろん、
野鳥図書館開館時に持参いただくとか、郵便受けに入れていただいても結構です。
 希少種はもちろん、スズメ、ヒヨドリなど普通種の記録が意外に少なく重要です。
ぜひ気軽に情報カードの提出をお願いいたします。

 パソコンをお使いの方はメールでの情報提供がありがたいです。
支部HPの「野鳥情報」に精しく説明があります。データ整理のうえからも、こち
らが担当者の労力を大きく削減できて助かります。
posted by エナガ at 16:57| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年(支部発足35周年)支部総会1月23日(土)

2016年(支部発足35周年)支部総会
2016年1月23日(土)
13:00〜17:00(広島市中央公民館予定)

最終案内は12月下旬発行の「森の新聞」次号(202号)で総合的に
精しく掲載します。
posted by エナガ at 16:54| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

野鳥情報カードを出してください

 過去の「森の新聞」観察記事「福山市でカラアカハラを観察」に関して
古参会員のSさんから編集担当及び著者に対して次のようなメールがあり
ました。「実はあの記事以前のカラアカハラの観察記録を持っていますが,
情報カードの提出を怠っていました。深く反省するとともに改めてカード
を提出します」
 皆さんも,お手元の観察記録は希少種,普通種に関わらず(普通種の
記録も重要です)眠らせることなく,情報カードに転記して支部までお
寄せください。古い記録大歓迎です。
 カード提出には,手書きカードの郵送(または開所時に事務所持参)
と,メール添付による方法があります。ホームページでご確認ください。
また,「森の新聞」今号(2015年9月10月)には間に合いませんが,次号
以降に再々度野鳥情報カード提出案内,カード書式を同封する予定です。
posted by エナガ at 20:49| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

支部事務所(図書館)の野鳥写真追加しました 引き続き大募集中

 井町さんに続き,岡崎さんからもしばらしい作品を応募していただき,
展示しています。岡崎さんからはプリント以外にも多くの驚嘆すべき傑
作をデータでいただいているので,順次支部報201号表紙やホーム
ページでも公開させていただく予定です。どうかお楽しみに!!!
引き続き多くの方の応募を期待しています。

応募要領
1.プリント後の作品を事務所宛郵送
2.プリントサイズはおおむねA4以下
3.応募作品は「森の新聞」にも掲載されることもあることを了解
 してください。(森の新聞PDF版はカラー写真できれいです)

 不明な点は,仲山までお問い合わせください。
 ityouya☆gmail.com   (☆はに変換してください)
posted by エナガ at 20:18| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

PDF配信会員に新規大特典 ☆支部報が1週間早く読めます☆ しつこく大募集(^^+

 支部報「森の新聞」を郵送ではなくて,電子メールの添付文書として
配信する「PDF配信会員」申込みは大キャンペーン?の効果か,おかげ
さまで6月以降7人の増加となりました。
 そこで,いっそうの増加を図るため,これまでは支部報発想の翌日
(一般会員の宅配される直前)に配信していたものを,印刷所入稿の
翌日に配信することを決定しました。
 郵送よりも1週間以上早く読めることになります。パソコンでメール
をされている方は,ぜひぜひPDF会員に申し込んでください。
 手続きは実に簡単で,編集担当の福本(fukuyuki2☆hb.tp1.jp)
または発送担当の中山(ityouya☆gmail.com)まで連絡いただければOKです。
 (☆は@に変換してください)
posted by エナガ at 20:57| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年(支部発足35周年)支部総会 野鳥写真家 叶内拓哉さん 演題・日程決定

 日本野鳥の会広島県支部発足35周年記念講演会,撮影指導会の概要は
次のとおりです。
 
○平成28年1月23日(土)13:00〜13:45 総会議事
           14:00〜15:30 講演と質問,指導,叶内拓哉 先生

  マナーを守って楽しく撮影

          15:30〜17:00 お茶と軽食で懇親会

                     会場:広島市中央公民館予定


○平成28年1月24日(日)9:30〜12:00 撮影講習会(八幡川探鳥会)

                     会場:八幡川可江(広島市佐伯区)
posted by エナガ at 20:42| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

中国・四国ブロック交流会in徳島のおしらせ

徳島県支部から以下のとおりお知らせがありました。ブロック交流会は
会員ならどなたでも参加できます。家族等の探鳥会参加も歓迎です。
時には近県の探鳥スポット探訪や仲間たちとの交流も楽しいものです。
ふるってご参加ください。
参加希望者は福本(E-Mail fukuyuki2☆hb.tp1.jp)(☆は@に変換して
ください)または倉岡支部長までご相談ください。
申し込みは広島県支部として取りまとめるので、時間的余裕を持って
9月25日頃までにご連絡ください。

会   場 阿南ロイヤルガーデンホテル(徳島県阿南市)
日   程 
11月21日(土)  13:00  受付開始
        14:00  交流会(事務連絡等)開始
        15:30  特別講演:鳥が作った自然界(立教大学教授・上田恵介氏)
         講演1 生物多様性ホットスポット出島野鳥園誕生秘話(仮題)
                   (前徳島県支部長・曽良寛武氏)
         講演2  生物多様性ホットスポット 出島野鳥園の鳥たち(仮題)
(徳島県支部出島野鳥園サポート隊・宮本勇氏)
17:30 支部長会議
18:30 懇親会 〜 二次会
11月22日(日) 8:30 エクスカーション (〜11:00終了)
                    コース@ 出島野鳥園
                    コースA 吉野川河口
申し込み締切  9月30日(水)
参加費     一人12,000円(一泊2食、懇親会費込み)
posted by エナガ at 18:43| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PDF配信会員も・・・しつこく大募集(^^;

支部報・森の新聞を郵送でなくて、電子メールの添付文書として配信する
「PDF配信会員」を引き続き大募集しています。配信会員になっていただ
くことによって、一人あたり年間発送費が、82円×6=492円節約
できるだけでなく、発送の手間や封筒代なども節約でき、支部会計、運営
に大いに貢献できます。また、配信会員が増加して支部報の印刷、発送部
数を大幅に削減できれば、将来的には経費が10万円単位で節約可能にな
ります。万一、全員PDF配信会員になれば、支部会費を半額にできる計算です。
会員個人としても多くの利点があります。何より支部報の写真は経費の関係
で白黒印刷ですが、PDFでは元の美しいカラー写真で見られます。各家庭で
増えるばかり?の書籍収蔵スペースの節約にもなります。また、配達より
若干早く入手できます。
自宅でパソコンをお持ちの方は、ぜひPDF配信会員に登録してください。
お申し込みは、編集担当の福本fukuyuki2☆hb.tp1.ne.jp または発送担当
の仲山ityouya☆gmail.comまでご連絡ください。
(☆は@に変換してください)
posted by エナガ at 18:35| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次号は通巻200号記念号です(森の新聞)

支部発足34年目にして支部報・森の新聞の次号は200号となります。
200号を記念し、「支部発足の頃を回顧して(仮題)」と題して、
初代支部長 中林光生さんの特別寄稿を予定しています。
皆様からも、当時のことや支部のその後の歩みに関してのご寄稿、懐か
しい写真などを募集します。原稿等締切は8月10日ですが、編集の都
合上、200号記念関連原稿・写真は早めに、できれば7月中に編集担
当(福本)まで、お寄せいただけると嬉しいです。
posted by エナガ at 18:32| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年(支部発足35周年)支部総会に野鳥写真家 叶内拓哉さん

日本野鳥の会広島県支部発足35周年を記念して、来年の支部総会では
野鳥写真家として有名な叶内拓哉さんをお招きする予定です。
マナー違反の野鳥撮影が何かと物議を醸すことの多い昨今ですが、科
学的データとしての野鳥写真が必須で価値あることも事実です。また、
なんといっても良い写真は、私たちの心を楽しませてくれます。写真
の全くない支部報なんて、読みたくもないかも・・・。
撮影マナーも含めた講演と講習会にご期待下さい。詳細は次号の森の新聞で。

開催概要 1月23日(土) 講演会(支部総会記念講演):広島市中央公民館予定   
       24日(日) 撮影講習会(八幡川探鳥会):八幡川(広島市佐伯区)

posted by エナガ at 18:30| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

支部事務所に 野鳥写真大募集

鳥好きの写真好きはなにかと冷たい目でみられチョット寂しい思いを
されている人も多いのではないでしょうか。
軽いウップンばらしのお話です。
広島県支部事務所に野鳥写真展示コーナーを設けて会員さん撮影の
野鳥写真を展示し来所者に楽しんでもらい、埋もれている名作に発表
の機会を与えようという企画です。多くの方の応募を期待しています。

応募要領
 1 プリント後の作品を事務所宛郵送してください。
 2 プリントサイズはおおむねA4以下とします。
 3 応募作品は「森の新聞」に掲載されることがあることも了解
してください。(森の新聞PDF版はカラー写真できれいですよ)

不明な点は仲山までお問い合わせください。
E-Mail ityouya☆gmail.com
(☆は@に置き換えてください)

「森の新聞」PDF版 配信ご希望者も仲山までご連絡を。
posted by エナガ at 13:08| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

県内でツルを見た方は、ご連絡を!

日本野鳥の会本部が、今季もツル保護のために飛来状況を調べています。
2014(平成26)年10月から今年の3月末までの間に、広島県内でツルを
観察された方がおられましたら、電話でも構いませんので担当までご連絡
下さい。☞担当:福本 fukuyuki2☆hb.tp1.jp
 (☆は@に変換してください)  

■調査項目■  市町村名・地名(できるだけ詳しく)
・ツルの種類 ・羽数(成鳥・幼鳥の別) ・観察期間  
・生息環境(水田、河川等)・生息状況(採餌内容、ねぐらの場所等)
・生息を脅かす要因(猟銃使用、人の接近など) 
・情報提供者氏名

posted by エナガ at 20:51| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新支部長ごあいさつ 

平成26年12月の連絡会で、平成27年度は福本支部長が2期つとめられた
ので規約上交代の必要ありとのこと。連絡会出席者の中で協議しましたが、
私がこの人が適任と思われる主要スタッフの方々は辞退され、私の名前が
出てびっくりしました。野鳥の会広島県支部の活動に参加させていただい
て実質4年、気楽にバードウオッチングを楽しんでいましたが基本的な鳥
の知識もないのに支部長がつとまる筈はありません。しかし皆様それぞれ
事情があるようで、やむなく組織のマネジメント、発展を願って引き受け
させていただきました。まさに「素人」支部長です。
皆様のサポートよろしくお願い申し上げます。

 そこで、「野鳥の会」の理念・行動規範を知るために「日本野鳥の会」
のホームページを開いてみました。
1)まず長い「理念の全文」がありますが、その要旨をまとめた文章が
ありますので表記します。「日本野鳥の会は、自然を尊び守り賢明に利用
することが人類の存続と幸福にとって不可欠であるとの認識にたち、野鳥
を通して自然に親しみ自然を守る運動を、社会の信頼を得て発展させるこ
とによって、自然と人間が共存する豊かな環境をつくることに貢献する。」
と記述してあり、「自然と人間との一体的な共存を図る」ことが基本的な
目的となっています。
2)また、「会の活動」では、「野鳥に親しみ、野鳥や他の多くの生き物た
ちの住む自然を保護すること」に重点を置いている。「バードウオッチング
という知的で健全な活動に参加する人の情緒的な心の絆をも大切に考えてい
る団体である」との記述もあります。
3) その「取り組み」として、「自然や野鳥を守る取り組み」「調査や
研究」「鳥を楽しむ」とのキーワードがあげられています。

 日本野鳥の会は1934年に発足して80年になるとのこと。
その地域活動としての広島県支部の支部長としての役割として考えたこと
(施政方針?)を、自己紹介を兼ねながら列記してみます。
1)「バードウオッチングを楽しみましょう!」
 子供の頃から野呂山のふもとで鳥や昆虫とたわむれていました(呉市広町
 出身、S21生)
 ハードな仕事を40年間こなし、定年後バードウオッチングなどが楽しみで
 「日本野鳥の会:生涯会員」になりました。
 「4年前から支部で活動:仕事半分、趣味半分で元気で楽しみたい!」と
 考えています。
2)支部活動を維持・盛り上げたい!
 会員増に取り組みたい(現状の391人⇒400人以上に⇒500人?)定年後で
 余裕のある人たちも増えています。子供たちにも鳥や自然に接する機会を
 与えたい。
 みんなで楽しむ「探鳥会」
 自然保護、「やさしいきもち」まわりに配慮
 データ蓄積(定点調査=研究調査、環境調査など)⇒「森の新聞・年報
 発行」に努力
 行政にも協力(カワウ調査、ガン・カモなど)
3)課題への対応も(長期方針):
 全国支部で唯一の貴重な「野鳥図書館」維持・管理・利用の促進(立ち寄
 ってみたい、利用しやすい、当番して楽しい)
 事務所・図書館当番(土日):たくさんの本や、DVDがあります。
 将来への課題(財務=維持費用、毎年50万あまりの財源欠損があります。
 事務所・図書館が維持できるよう将来計画も必要でしょうか?)
 ★みんなで相談しながら会員増があればこの課題もクリアーできます。
                              
                             倉岡 敏彦
posted by エナガ at 20:05| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

野鳥の子育て応援キャンペーンにご協力ください!

ポスター新!「ヒナを拾わないで!!」から
富士鷹なすびさん作「みまもって,野鳥の子そだて」に

今年も日本野鳥の会が,鳥類保護連携・NPO法人野生動物救護獣医師
協会と共に毎年の愛鳥週間の前後に展開している「ヒナを拾わない
で!!」キャンペーンが今年も始まります。

■ポスターを貼っていただけませんか?■
この季節は野鳥の子育ての季節です。身近な場所でもかわいいヒナに
出会うこともあるかもしれませんが,明らかにケガや病気とわかるも
のでないヒナを迷子だと思って拾ってしまうと,親鳥から引き離して
しまうことになりかねません。

>支部事務所に取りに来ていただくか,野鳥の会HPからダウンロードしてください。
*その他,関連の紙芝居やパンフレットのプレゼントも実施中です。

http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/


posted by エナガ at 10:34| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県支部事務所・野鳥図書館について

貴重な野鳥図書館をもつ「日本野鳥の会,広島県支部」の事務所です。
当番しながら有効に活用しましょう!ご協力よろしくお願いします。

支部事務所は,会報の最終ページに「住所」と「図書館当番」の記載
があります。原則として,土・日の14:00〜17:00に開館し,
有志で当番をしています。
この事務所は野鳥図書館を併設しており,野鳥に関する数多くの図鑑や
貴重な本,情報誌,DVDなどがあり,また全世界からも野鳥に関する
貴重な新刊本が送られてきます。
図書館部のみなさまが整理して閲覧・貸し出しできるよう整理整頓して
いただいております。事務当番も難しい仕事はなく,図書の貸し出しや
郵便物の収納,電話での問い合わせなどに対応しております。
私(倉岡)も最初は電話の問い合わせ対応など不安でしたが,分からな
いことは相手の連絡先を確認の上,問い合わせ内容を記録して担当者か
ら後ほど返信するということで支障なく対応しております。むしろ暇な
時間が多いので野鳥の図鑑をみたり,CDでDVDでトリの声を聴いた
りして楽しんでおります。

事務所に来れる範囲のみなさま,時々事務所を訪問してみませんか。土日
の当番スタッフの様子をみて当番もやってみませんか。もちろん図書を借
りにこられるのも大歓迎です。折角の貴重な野鳥図書館です。有効に活用
しましょう!
posted by エナガ at 10:32| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

県内でツルを見た方は,ご連絡を!

日本野鳥の会本部が、国内のツル保護のためにツルの飛来状況を調べています。
2013(平成25)年10月から来年の3月末までの間に、広島県内でツルを観察され
た方がおられましたら、電話でも構いませんので担当までご連絡下さい。
■調査項目■
・市町村名 ・地名(できるだけ詳しく)
・ツルの種類 ・羽数(成鳥・幼鳥の別)
・観察期間 ・生息環境(水田、河川等)
・生息状況(採餌内容、ねぐらの場所等)
・生息を脅かす要因(猟銃使用、人の接近など)
・情報提供者氏名
担当:光本 m_komoto@nifty.com


posted by エナガ at 12:29| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の湿地を守ろう2014 シンポジウム開催

「日本の湿地を守ろう2014―瀬戸内の湿地・中国山地の湿地―」が下記の
要領で開催され、日比野さんの講演も開催されます。是非ご参加ください。
■日時 3月16日(日) 13:30〜16:30
■場所 サテライトキャンパスひろしま(旧県民文化センター)
広島市中区大手町1−5−3 路面電車:紙屋町西下車徒歩5分
■講演
「水たまりに寝そべるクマ」米田一彦氏(日本ツキノワグマ研究所所長)
「広島湾八幡川河口人工干潟と鳥類」日比野政彦氏(野鳥の会広島県支部)
「ハチの干潟」岡田和樹氏(ハチの干潟調査隊代表)
■各地の報告
三番瀬(千葉)・中池見湿地(福井)・吉野川河口干潟(徳島)・和白干潟(福岡)


posted by エナガ at 12:28| Comment(0) | ■告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする