2019年02月23日

図書館だより 2019/03/01

【購入本】
「茶の湯の羽箒 知られざる鳥の文化誌」 下坂玉起著 淡交社 46判 416頁
  野鳥1月号参照  茶の湯で炉などを掃き清めるために使う鳥の羽を束ねた
 ものを羽箒と呼ぶ。茶の湯をたしなみバードウオッチャーでもある著者が一人
 で羽箒の歴史、作り方、使われている羽の鳥の種類等を調べあげた労作は読み
 応えがある。茶人別の羽箒の解説には広島藩の武将茶人上田宗箇も登場。

【寄贈本】
「Bird Resarch Vol.14 December2018」 NPO法人バードリサーチ編・発行・寄贈 B5判
 77頁  原著論文:GPS-TXによって明らかになったオオハクチョウ・カモ類
 の環境選択、ジョウビタキの繁殖状況と環境の特徴(八ヶ岳)参加型調査
 '''ベランダバードウオッチング'から明らかになった住宅地の鳥類相とその時間
 変動、他。短報:サンジャクの野生化(四国西部)、ドバトの羽色多型の地域 
 差と、新聞記事に見られる経年変化、他。調査データ:GPS発信機で追跡した
 オオハクチョウの位置情報のデータ。

「東京の野鳥たち2 月例探鳥会3か所・20年間の記録及び明治神宮・高尾山・
 新浜の長期記録」

 日本野鳥の会東京 研究部月別探鳥会記録解析グループ著 同会東京発行・寄贈
 A4判 182頁 2018年 長期にわたる探鳥会や調査の膨大なデータを詳細に表・
 図・写真で解説。

「BINOS Vol.25 2018」 日本野鳥の会神奈川支部編・発行・寄贈 A4判 80頁
 論文:タイマー録音によるアオバトの鳴き声調査(大磯町高麗山)、野鳥生息
 記録(2010年〜18年相模原市緑区)、木もれびの森の成長と近隣住民の意識の
 変化。観察記録:クロサギの幼鳥(真鶴町)、アオバトの鳴き声(仏果山)、
 繁殖した巣のねぐらに越冬したツバメの記録、他。
 調査記録:横浜野鳥水路のシギ・チドリー10年間の調査結果と観察記録。

「うんなん コウノトリ2018 四姉妹ものがたり」 太田和良写真・著・発行
 太田裕美子氏寄贈 縦21m横30cm 86頁 前号図書館だよりで紹介した「げんき
 くん物語〜海をわたったコウノトリの大冒険〜山岸哲著」のいわば後編になり
 ます。2018年春げんきくん(2014年生まれの雄)は,再び島根県雲南市大東
 町(前号の大東市は誤り)に帰って来て、新たなパートナー。ポンスニ(彼女
 も韓国に渡った経験あり)と昨年と同じ電柱に巣をつくり、4羽の「はるか・
 らいむ・とわ・きらら」四姉妹を育て上げた。地元社会に大貢献の写真家の
 太田知良氏は、「げんきくん物語」にも貴重な写真を提供し、雲南市の許可を
 得て,近くで(望遠)、子育ての様子を記録。
posted by エナガ at 11:03| Comment(0) | 図書館だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。