2016年12月26日

図書館だより 2017/01/01

【購入本】
「オはオオタカのオ」ヘレン・マクドナルド著 山川純子訳 白水社 B6判 370頁 2016年
 大学で科学史を研究していた女性が,父の死を契機に寂しさを癒すため,タカの中
で最も野生的なオオタカを手に入れて,タカ匠になる1年余りの記録。素晴らしいノンフィクション
で,直ぐに多く受賞。
「由来がわかる野鳥の呼び名事典」 大橋弘一写真・文 世界文化社 A5判 128頁 野鳥誌9・10月号

【寄贈本】
【日本野鳥の会本部からの寄贈本】
「これからの風力発電と環境影響評価ー再生可能エネルギーの導入と生物多様性保全の
 両立を目指してー野鳥保護資料集第30号」
 日本野鳥の会編著 A4判 182頁
「マリーンIBA白書ー海鳥から見た日本の重要海域」 日本野鳥の会編著 A4判 96頁
「カンムリウミスズメ保護事業活動報告書ーAnnual Report 2015」 日本野鳥の会編著 A4判 8頁
「東京の野鳥たち〜月例探鳥会7か所・20年間の記録」 日本野鳥の会東京編著 A4判 130頁
「私の野鳥記 70年の回想」 林武雄著 自費出版・寄贈 B5判 204頁 野鳥誌9・10月号参照

【上田恵介先生(日本野鳥の会副会長)寄贈本】
「原色日本野鳥生態図鑑(陸鳥編)・(水鳥編)」 各中村登流・中村雅彦著 保育社 1995
「沖縄県の野鳥」 沖縄野鳥研究会編 1998 
「サイチョウ」 北村俊平 東海大学出版会 2009
「生命の棲家」 ポール・ブルックス著 上遠恵子訳 新潮社 1974
「絶滅生物が蘇る 失われたDNAを探せ」 城田安幸 PHP研究所 1997
「甦れブッポウソウ」 中村弘志 山と渓谷社 2004
「巣箱 森のいのちを育てる」 国松俊英 くもん出版 2007
「風力発電が鳥類に及ぼす影響の調査マニュアル 野鳥保護資料集第26集」K・ジョン・スモールウッド 2009
「猫の鳥談義 四代目江戸家猫八」 江戸家猫八 文一総合出版 2014
「1年で120種類の野鳥と出会える本」 中野泰敬 文一総合出版 2005
「森の新聞」 フレーベル館 1996〜1998 各26.4cm×18.5cm 各55頁
 Aヤマブサの都市 宮崎学  G水鳥たちの干潟 蓮尾順子
 Hアホウドリの島にて  長谷川博  Jカケスの森 中村浩志
 Lツバメの街 川道美枝子 須川恒  Rオシドリの木 星野嘉助 室伏友三

【故市川昭に氏寄贈本 その5】総計74冊登録(124冊のうち重複本を除き)有難うございます。
「かみなりさま」 安西悟堂 1980   「トンビはどうして輪を描く」 柚木修 1988
「鳥神話」 岩本久則 1987   「流氷が連れてきた動物たち」新妻昭夫 1987
「ヤマセミの四季」 神保健次 1987  「セントラルパークの鳥と人間たち」 ドナルド・ノウラー 1990
「スズメのお宿は街のなか」 唐沢幸一 1989


posted by エナガ at 20:39| Comment(0) | 図書館だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。