2016年03月01日

支部長代行あいさつ

倉岡支部長の突然の退任を受け代行職をお受けしました。
広島県支部発足時第1回の探鳥会は八幡川でした。それ以来毎月1回、年12回継続して八幡川探鳥会を担当し開いてきました。支部の主要な活動である探鳥会を通して鳥を知る人が1人でも多くなり、鳥を通して自然環境を保全する気持ちが芽生えるようにとの思いからです。
鳥を見ること、鳥を調べる事、写真を撮ること、イラストを描くこと、鳥がすきな子供たちを支えること・・・これらの活動のキーワードは一つです。「鳥が好き」
控えめに言って「鳥が嫌いでない」、「鳥は楽しい」この気持ちさえあれば全員が野鳥の会の会員です。鳥に係わる様々な方が活躍できる場が支部と考えます。
さて、今年は支部発足35年になりました。1月23日の支部総会の講師をされたプロカメラマンで草創期の野鳥の会本部の運営にも携われた叶内拓也先生の指導の下1月24日、支部創設後第1,992回目になる探鳥会を八幡川で行いました。支部活動の中心が探鳥会であることは変わりません。
野鳥の会副会長で、永く支部の野鳥図書館に蔵書を寄贈いただいている上田恵介さんに最近お聞きした「これからの時代、生涯バードウォッチャー」。肝に銘じたい言葉です。
日比野 正彦
posted by エナガ at 14:51| Comment(0) | 支部案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。