2015年12月28日

図書館だより 2015/12/29

図書館だより

【寄贈本】

「米子水鳥公園の生態系と野鳥図鑑」中海水鳥国際交流基金財団監修・寄贈

A5判231頁執筆(桐原・米田・神谷)撮影(平野・桐原・美舩)今井印刷発行
2015年10月で開園20周年!!!私たちも冬の探鳥会で、何度もご指導いただき感謝です。
○野鳥図鑑―水鳥公園で観察された217種の野鳥を写真付きでエピソードを添えた解説。
○特集―水鳥公園に隣接する汽水湖・中海と、飛来する渡り鳥のナゾにせまる学術ページ。
○コラムー水鳥公園にまつわる35話を収録。
○マップー野鳥と園内外の撮影ポイント。

故市川昭二氏寄贈本

 日本野鳥の会の広島県東部の先覚者である市川昭二さんが、2015年7月に
八八歳で永眠されました。バードウオッチング歴は、約50年に及ぶそうです。
 市川さんといえば、「オジロワシに飛び掛るネコ」
1985年12月に笠岡干拓地で撮影翌86年5月『野鳥』誌に搭載(その後、一般
の全国紙にも)の写真で有名です。
 以来、誰もが認める「笠岡湾の主」で、岡山県西部・広島県東部の沿岸から、
島根県境にいたる山岳地まで、愛車で攻めまくって、どんな奥地でもとても
よく知っておられました。謹んでご冥福をお祈りいたします。(この項、
三好氏)→この傑作は回覧板欄に再掲しています。(福本)
ご寄贈本124冊の一部を紹介させていただきます。

「コリンズ世界の海鳥図典」G.Sタック著秀文インターナショナル発行1978年
「オーデュボンソサイエティブック水鳥」レス・ライン著旺文社発行1988年
「SHOREBIRDS」P.HaymanJ.Marchant T.Prater著CROOMHELM発行1986年
「Birds of Britain& Europe」DennisAvon & Tony Tilford著BLANDFORD発行1989年
「ハムリン野鳥図典」Bertel Bruun著秀文インターナショナル発行1970年
「鳥に会う旅」叶内拓哉著世界文化社発行1991年
「渡り鳥の体内時計」広田耕司著日経サイエンス社発行1988年
「鳥のいる風景」嶋田忠著平凡社発行1997年
「闇のカムイシマフクロウ」嶋田忠著平凡社発行1997年
「白鳥の旅シベリアから日本へ」長谷川博著東京新聞出版局発行1988年
「北海道野鳥歳時記」藤巻裕蔵・百武充著日本放送協会1979年
「北の野生」富士元壽彦らいらっく書房発行1984年
「北の鷲」畑正憲著角川書店発行1980年
「自然に生きる-東北の野鳥-」小笠原高著第一法規出版発行1981年
「鴨池の鳥たち」宮誠而著能登印刷発行1986年
「富士の鳥」浅見明博・堀田明・中村司著保育社発行1985年
「鳥たちの歌が聞こえる岡山の野鳥と自然」岡山県発行1991年
「四国の野鳥」橋井昭六著高知新聞社発行1995年

野鳥図書館(日本野鳥の会広島県支部)の蔵書報告

            図書館部(2015年12月末現在)

その1収蔵数の増加状況

 (1)1986年9月 篤志家の多額の匿名寄付により、南区東雲本町に支部
  事務所を兼ねて設立。
   寄贈本715冊(47%) 購入本814冊(53%)   計1529冊
 (2)1987年〜2000年 追加
   寄贈本1091冊(84%) 購入本204冊(16%)  計1295冊
 (3)2001年〜2015年追加
   寄贈本712冊(74%)  購入本249冊(26%)  計961冊
 現在の蔵書  寄贈本2518冊(67%) 購入本1267冊(33%) 計3785冊
  (3785冊のうち洋書170冊、VTR・DVD・CD128件)
  雑誌類(野鳥誌・BIRDERなど15)、支部報(ほぼ50支部から)
寄贈元   発足当初からの高野伸二・高野ツヤ子・上田恵介様はじめ日本野鳥
     の会等法人20、個人45深く感謝申上げます。
管理方法  蔵書は、原簿、カード、パソコンのデーターベースさらにCDに保存、開架
     式書棚。また当支部ホームページでも公開、野鳥誌と森の新聞(広島県
     支部報)は、製本して永久保存。各地からの支部報はそれぞれ専用
     のファイルで5年間程度保存。
図書館部員 現在6名。発足当初から現在まで23名在籍。最長期の部員は26年、
      短期で2年。月4〜3回、各回3時間程度作業

その2 市川昭二氏の遺品収蔵

 2015年10月下旬、古くからの会員市川昭二氏の遺品の蔵書について、遺族
から寄贈の申出があった。当野鳥図書館に未収蔵の本が多数あり。
 現在、当図書館は収蔵数の限界に迫っているところから、ご寄贈本を頂戴す
べく検討の結果、当館の蔵書を野鳥全般と広島県の自然保護関係の図書館と
位置付け、11月中旬から関係のない書籍を整理中。
 故人からの寄贈本124冊、整理(廃棄)予定の本600冊以上。
 したがって差し引き、当野鳥図書館の蔵書=約3,300冊(2015年12月末現在)

 整理した本約600冊は、2016年1月23日(土)、支部総会前後の各30分間、会場
で希望の方に配布いたします。
 なお、整理した本の残り(失礼な表現ですみません)は三原市生涯学習施設「さざ
なみ学校=旧久和喜小学校」が、引受けてくださり、新しい利用方法で甦ることに。
感謝!!
posted by エナガ at 20:30| Comment(0) | 図書館だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。