2015年04月26日

図書館便り 2015/05/01

【寄贈本】
「米子水鳥公園事業報告書平成25年度」 
中海水鳥国際交流基金財団編集・発行・寄贈 A4判 143頁
鳥類全種全量調査―2013年度141種、注目種はキレンジャク・アオバズク]
(この2種は初記録)・アカガシラサギ・シベリアオオハシシギ・ベニヒワ(創設以来
214種、外来種等を含めると217種)、コチドリは3年連続園内で繁殖
確認。 毎月第2土曜のカウントでは、89種のべ11,628羽。
コハクチョウは10月15日に初飛来し、1月30日の709羽がピーク、終認3月28日。 

「白鳥 10年の軌跡 中海・白鳥の会」
2005年設立の同会から寄贈  A4判 24頁
中海と大山、コハクチョウの優雅に飛ぶ姿の美しい写真集です。

以下の本は、支部総会(1月26日)の際に、会員の皆さまから、多く
寄せられた本のうち、鳥類を中心に蔵書として、登録いたしました。
有難うございます。最初の1冊のみ紹介させていただきます。

「Peter Scott TRAVEL DIARIES OF A NATURALIST V」
B5判 223頁 Collins社1985年発行 ペータースコット(1909〜1989、鳥類
学者、WWF−世界自然保護基金の創立者6人のひとり、父スコット大佐は
1912年、英国隊を率いて南極点到達後、帰途全員遭難)。
1976〜1981年に、日本、インドネシア、香港、中国、モンゴル、フィリピン、マレーシア、
オーストラリア、ニュージランドを8回にわたり旅し、鳥、植物、魚、昆虫、哺乳類、
爬虫類などの観察記録・リスト・イラスト。 鳥類のイラストでは、タンチョウ・ヤマセミ・
エゾライチョウはじめ70種以上の約100羽を精緻に描く。現地の写真も多数。

「国際的な動物園ネットワークを用いた野生動物感染症の早期警報システム」
日本大学生物資源科学部国際地域研究部編集・発行 B5判 160頁 2014年

「雪国の鳥を訪ねて」
当会新潟県支部編

「野鳥観察ガイド」
三浦二郎著 樽前頑固堂

「気ままにバードウオッチング埼玉基本の鳥66種と探鳥地15選」
当会埼玉県支部編 

「野鳥観察日記」
ちくま少年図書館 蓮尾純子著

「岡崎の探鳥地ガイド」
岡崎野鳥の会編 

「中海の野鳥」
安田亘之・土居克夫・田中一郎著 今井書店

「弓削野鳥ガイドブック」「バードウオッチングガイドin弓削」
愛媛県越智郡弓削町発行 2000年

「もみのき森林公園 植物と動物」 
もみのき森林公園発行

「極楽寺山におけるハチクマの渡り1995年」
極楽寺探鳥会編 

「森と人の文化史 阿品公園物語」
自然文化教育センター・竹田隆一編 2000年
posted by エナガ at 12:56| Comment(0) | 図書館だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。