2013年12月29日

図書館だより2013/12/29

【寄贈本】
「特定鳥獣保護管理計画作成のためのガイドライン及び保護管理の手引き(カワウ編)」 2013年10月 環境省発行 A4判 202頁 広島県環境県民局寄贈
―カワウの被害が減っていく―計画が導く確かな管理へ カワウの特性・保護管理の基本的な考
え方・鵜の都道府県の状況把握・技術編・資料編→管理計画の全体像

「トコロジストになろう!体験編・実技編」
箱田敦只著 片岡海里イラスト 各B6判96頁 日本野鳥の会発行・寄贈
日本野鳥の会ブックレットAB 故浜口哲一氏(元神奈川支部長)提唱のトコロジストとはトコロ(場所)+ジスト
(〜をする人)⇔その場所の専門家(自分のフィールドに詳しい人

【購入本】
「鳥の絶滅危惧種図鑑 変わりゆく地球の生態系をビジュアルで知る」
マーティン・ウオルター著 林良博・山崎剛史日本語版監修
山階鳥類研究所翻訳 緑書房 A4判256頁
○鳥類への脅威(分布・野鳥に対する・生息地、世界鳥類データベース○生息地(熱帯林・温帯林
と亜寒帯林・砂漠・山岳・草原・地中海性低木林とヒース・湿地と海岸・島) ○絶滅危惧鳥類
(鳥のプロフィール、キーウイ類〜146類〜ホオダレムクドリ類、1200以上の種、全鳥類種の12.5%、トキ・シマフクロウ・
アカコッコはイラスト付で紹介、絶滅は100年で1種の割だったが、20世紀には56種)○保全(保全活動・海鳥
の保護・島への侵略種・森林性鳥類の保全・バードライフとは?・絶滅回避に向けたプログラム・世界のバード
ウオッチングホットスポット47の紹介、日本はゼロ) ずしりと重い本です。

「加藤幸子自選作品集 第3巻」
加藤幸子著 未知谷発行 四六判 325頁
全5巻のうち第3巻は鳥関係、ぼくのクオ・ヴァディス 翡翠色のメッセージ 鳥たちの後に
雀遺文 渡鶴詩 アズマヤの情事 ジーンとともに
著者は、日本野鳥の会の元理事「鳥よ、人よ、甦れー東京港野鳥公園の誕生、そして現在」の積
極的な活動家であり、芥川賞はじめ多数の受賞歴の作家。鳥類の生態を親しく観察しながら生物
への愛を発露させた小説を、上製の箱から取り出してどうぞ。

「二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ」
中村浩志著 農文協発行 B6判 254頁
大いなる奇跡―ライチョウが氷河期に日本列島に移りすみ、世界最南端の地で、絶滅せずに生き残って
きたこと。@日本の高山特有の強風と多雪A日本の高山にハイマツが存在Bライチョウ自身が長時間かけて
獲得した、日本の高山環境への適応と進化Cライチョウは神の鳥として崇められ、狩猟の対象にならな
かった。高山で当たり前のように出会う愛らしいライチョウ、3m近くでも逃げないのは日本のライチョウだけ
であるーその奇跡の糸、近い将来、ついにとぎれようとしている。乗鞍岳に生息するすべてのライチョウ
120羽を捕獲して本格的な調査から明らかになったライチョウの生活や社会、世界各地での知見。前書
(雷鳥が語りかけるもの)参照。
posted by エナガ at 12:00| Comment(0) | 図書館だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。