2011年01月01日

かんたんにわかる鳥獣保護法

2010年 8月
 
テーマ : かんたんにわかる鳥獣保護法

昨年、「野鳥と法律」をシリーズで勉強しました。
今回は、その中の「鳥獣保護法」にしぼって、もう
少し掘り下げて考えましょう。

鳥獣保護法は8年前にひらがな書き口語体に改正され、
とても読みやすくなりました。
しかし、法律に慣れていないと、まだまだ難解に感じ
られるかもしれません。
そこで法令を見たことがない人にもわかりやすく、
鳥獣保護法の内容を説明します。

また、鳥獣保護法には罰則が規定されています。
そこで、「捕獲」 「故意」 「未遂」 などの法律用語
を、刑法や刑事訴訟法などの法律的な視点から、具体的
な事例をあげて、説明します。

1. 鳥獣保護法の目的・構成
2. 鳥獣保護法のまとめ
3. キーワード (密猟対策編・法律用語編)
4. 広島県の鳥獣保護行政 〜基本指針と第10次鳥獣保護事業基本計画
5. 法令の見方
6. 鳥獣保護法の沿革

開催日 : 8月22日(日) 15時〜17時
posted by エナガ at 00:00| Comment(0) | 室内例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。